Home > 藤子プロ作品> カートを見る()

商品名 :『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公開記念浮世絵木版画
予約開始:8月8日(土)お昼12時より
2020 年10月から順次発送します。
販売数:限定300部
発売元 :株式会社 版三
仕様:絵(W:約180mm × H:約245mm)専用額付き
額:アルミ、アクリル
マット:紙
和紙:人間国宝 岩野市兵衛 越前生漉奉書
 
【納期について】
※商品の注文順に2020年10月より発送させて頂きます。
発送前にお客様にメールにてご連絡致します。正しいアドレスをご入力ください。
※ご購入はクレジットカード決済のみとなっておりますので、予めご了承ください。
海外発行のクレジットカードでは一部対応が円滑にできない場合がございます。 国内発行のクレジットカードを推奨致します。
※お一人様3枚までのご購入とさせて頂いております。何卒ご了承頂きます様お願い致します。
代引き対応はできかねますので、予めご了承頂きます様お願い致します。
※職人が手作りで一つ一つ製作するため、納期が変動する可能性がございます。 予めご了承頂きます様、お願い致します。
※予約受付開始日はアクセスが集中してしまい、サーバー負荷のためアクセスが滞る可能性がございます。 予めご了承頂きます様お願い致します。
※日本国内のみの販売とさせて頂いており、海外発送等は承っておりませんので 予めご了承頂きますようお願い致します。
※商品の返品は受け付けておりせんので、予めご了承ください。
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK2020
 
 
のび太が生まれてくる恐竜に初めて出会う、そのシーンを、1800年代の浮世絵師である英泉や葛飾北斎がこよなく愛したブルー、本藍とベロ藍の濃淡で表現した「藍摺絵」として製作致しました。 見つけた化石を恐竜のたまごと信じタイムふろしきで元の状態に戻そうとするのび太… 現代の職人により、伝統工芸技術を駆使し、彫られ、そして摺られた浮世絵木版画… 浮世絵木版画「映画ドラえもん のび太と新恐竜」は伝統工芸技術を持つ職人による渾身の商品です。
職人による彫り作業
 
職人による擦り作業
彫り、擦りに使われた版木(はんぎ)の一部。色別に版木を何枚も彫り、その版木の数だけ何度も擦り重ね、やっと一枚の浮世絵木版画作品が完成する。江戸時代から伝承された彫師、摺師の非常に繊細で高度な技術により、一枚一枚、何とも言えない手づくりの風合いが醸し出される逸品です。
【当商品制作に携わった職人紹介】
■江戸木版画 彫師 - 菅香世子
(浮世絵木版画彫摺技術保存協会会員/東京伝統木版画工芸協同組合員) 高校卒業後、東京都荒川区の匠育成支援事業の職人見習いに応募、江戸木版画の彫師として7年間の修行を経て独立。現在、数少ない経産省認定の女性伝統工芸士として卓越した技で浮世絵木版画の文化継承に貢献している。
2003(平成15)年 江戸東京博物館「大江戸八百八町展」にて実演
2005(平成17)年 日本橋三越「名所江戸百景完成記念展」にて実演
2008(平成20)年 江戸東京博物館「北斎漫画展」にて実演

■題字 書家 - 美帆
宮崎県書道協会墨友会にて師範取得、文部大臣奨励賞受賞。 伝統にとらわれる事なく『文字』=『生』とし躍動感あふれる文字本来の姿に迫る作風を展開。パフォーマンスにも力を注ぎ、フランス、メキシコ、タイ等国内外にて活動の場を広げている。

■伊藤 達也
1965年 東京根津に生まれる。
1985年 実父の幾馬系四代目伊藤智郎の後を継ぎ、師匠小川文彦の元で修行を積む。
1994年 第1回浮世絵木版画作品展に出品及び実演。
1995年 東京都優秀技能者知事賞受賞。
1998年 「北斎漫画」15冊摺刷(共同摺刷)。欧州(オーストリア、ハンガリー、フランス)にて実演。
2001年 竹内栖鳳「栖鳳習画帖」摺刷。学習院大学「桜再生プロジェクト展」にて実演。
2002年 円山応挙「丹頂鶴」摺刷。
2003年 江戸東京博物館「大江戸八百八町展」にて実演。
2005年 日仏文化会館(パリ)「広重展」にて実演。
2006年 伊藤若冲「若冲画譜」摺刷
2010年 郡山市立美術館「北斎漫画展」にて実演。

■和紙:九代 岩野市兵衛(人間国宝)
1978年、九代岩野市兵衛を襲名。2000年6月に国指定重要無形文化財(人間国宝)に認定。
木材パルプ等を使用しない、楮だけを使用した生漉き奉書一筋に専念。 越前和紙に伝承される古来の技法に作られた強靭かつ繊細な和紙は、版画紙としして多くの美術作家、浮世絵木版画に提供されている。かのゴッホも岩野家の和紙を愛したと言われている。 【配信メディア向けお問合せ先】
株式会社 版三/一般社団法人 朋誠堂
Email: access@ukiyoework.com