江戸浮世絵木版画技術

区切り線

伝統浮世絵木版画について
【彫り】

浮世絵木版画には、山桜の一枚板が使われます。桜材は木目が細かく耐久性に優れており、木版画には最適の素材だからです。 初めに手前に傾斜した机に布を引き、版木を固定します。そして版木の表面に、薄い和紙に写された版下絵を裏返しに貼付けます。透けて見える墨線に沿って彫刻刀で切り込みをつけながら彫り上げていきます。また細密な彫刻には、彫刻刀の影を防ぎ光を集中させる効果のある、水の入ったフラスコを電球の前において作業を進めます。浮世絵木版画では、墨版(墨線だけを彫った版木)を使い、色数だけ摺られた校合摺(墨線だけを摺ったもの)に絵師が色差しをし、堀師は色差しに従って色数だけの版木を彫ります。現在では、完成された絵画作品を元絵とすることが多く、元絵から色分けをし、何枚の板に何色彫り上げるかを決めるのも、彫師の腕の見せ所です。

木版画・彫り




区切り線

伝統浮世絵木版画について
【摺り 】

何十となく重なられる馬連の摺りに耐え、木版画特有の深みの有る作品を生み出すには※生漉奉書(和紙)が欠かせません。ドーサ引きされた和紙を水で湿らし、薄い色から順番に摺り始めます。版木の右下にかぎ見当、手前に引きつけ見当が刻まれており、摺師は見当に合わせて紙を置き、次々と色を重ねて摺っていきます。熟練した摺師は何枚摺っても一度で置く位置が決まります。 何枚もの版木から、たくさんの色をぴたりと重ね合わせ、絵師の意図する作品を摺りあげるのは職人技の極致とも言う事が出来ます。複雑な構成の現代の絵画表現には、伝統版画の技術に加え、より現代的な色彩のセンスも摺師には要求されるのです。
※近年奉書は株券への使用がその消費需要の中心でしたが、株券電子化に伴い需要が激減したことで和紙漉技術の継承も 危ぶまれています。
※ドーサ引き(絵の具のにじみ止薬の貼付)職人も都内に一人という状況です。


木版画・摺り




区切り線

伝統浮世絵木版画ができるまで


<原画>
江戸時代の浮世絵は、版元が作品企画をし、絵師が墨筆で輪郭線・版下絵を描き、版元から彫師にまわされます。

<和紙>
和紙は越前生漉奉書を使用しています。 越前和紙でも生漉奉書の漉元は三件ほどしかありません。 越前(福井県)生漉奉書は1500年あまりの歴史を持ち、古くからその高い品質が評価され公文書として使われていました。 現代でもこの越前生漉奉書は、伝統技法を守り機の遠くなるような行程を経てひとつひとつ手作業により作られています。 300回の摺重ねにも耐えれるとして多くの版画家にも支持されています。かのピカソもこの奉書を使用していたと言われています。 弊社は、人間国宝の岩野家と山口家の越前生漉奉書を使用しています。

<版木>
江戸木版画の板は江戸時代から山桜を使用しています。材質が堅く、キメが密なこと、板の反りや収縮少ない事が特徴です、紙の生え際など決め細かね線、表情豊かな線等を描くにはこの山桜が適しています。

版木

主板とも呼ばれ墨線の部分になります。全ての版の基になるもので、この板には「見当(けんとう)」が彫り込まれます。 右手前の「カギ」、手前中央の「ひきつけ」と呼ばれる二箇所で紙を合わせ、何色摺りでも色がずれないようになっています。

<校合摺>
この墨板が摺師にまわり、墨線(輪郭線)の絵をつくります。これを「校合摺(きょうごうずり)」といい、これをもとに色刷板をつくる為に絵師にまわり色を入れて行きます。

<色さし>
校合摺をもとに、色数をわけ、再び彫師にもどします。

<色板>
彫師はこの色の数だけの色板を彫ります。これにもそれぞれの見当が墨板と同じ場所に彫り込まれ、摺師にまわされます。

色板

<顔料・絵具>
顔料には植物性があり、鉱物性があり多様です。墨は使い減らした墨屑を摺鉢に入れ、水にひたし、これをすりつぶして布で漉して作った墨汁、朱は、水銀を酸化水としたもの、黄は硫黄と砒素とを化合した鉱物質の顔料、藍は藍の葉をたたいて作ったもの、紫は露草花に紅を混ぜたもの、ほかに雪母の粉末をまぜた雲母摺(きらずり)もあります。

顔料