Home >一楽亭栄水


一楽亭栄水

一楽斎栄水(いちらくさいえいすい)
?〜?
栄昌とともに栄之の門人で1794〜1798(寛政6〜10)年頃、大顔の美人画を得意として描いていた作家で、なかなか良い作品を残している。人柄も生没年月日も詳らかではない。作品も少ない。

一楽亭栄水商品