Products 区切り線


星間大戦絵巻シリーズ


ルーカスフィルム公式ライセンス商品 オリジナル スター・ウォーズ浮世絵


作品について
江戸時代から脈々と継承されている手漉き越前和紙、彫師、摺師の卓越した技術はスター・ウォーズの名に恥じない逸品です。ルーカスフィルム公式ライセンス商品を是非お手元に!
浮世絵スター・ウォーズ  コンプリートセット2
・星間大戦絵巻 暗黒卿 堕悪巣矇娄
・星間大戦絵巻 摸巴怖獲賭
・星間大戦絵巻 千年飛鷹流水図


画寸法 縦約39~41cm×横27.5cm
用紙 越前生漉奉書
価格 162,000円(税込)
  ※全てシリアルナンバー入り
 
本商品は、ウォルト・ディスニー・ジャパン株式会社と株式会社レイアップの契約により、製造したものです。
発売元:株式会社アイアップ / 販売元:リズムフォース
 
星間大戦絵巻 暗黒卿
堕悪巣矇娄

画寸法 縦約39~41cm×横27.5cm
用紙 越前生漉奉書
価格 54,000円(税込)
  ※全てシリアルナンバー入り
 
本商品は、ウォルト・ディスニー・ジャパン株式会社と株式会社レイアップの契約により、製造したものです。
発売元:株式会社アイアップ / 販売元:リズムフォース
星間大戦絵巻 摸巴怖獲賭

画寸法 縦約39~41cm×横27.5cm
用紙 越前生漉奉書
価格 54,000円(税込)
  ※全てシリアルナンバー入り
 
本商品は、ウォルト・ディスニー・ジャパン株式会社と株式会社レイアップの契約により、製造したものです。
発売元:株式会社アイアップ / 販売元:リズムフォース
 
浮世絵スター・ウォーズ  コンプリートセット
・星間大戦絵巻 暗黒卿 堕悪巣俾荼
・星間大戦絵巻 惑星補巣の戦い
・星間大戦絵巻 阿弥陀羅姫 R弐D弐


画寸法 縦約39~41cm×横27.5cm
用紙 越前生漉奉書
価格 162,000円(税込)
  ※全てシリアルナンバー入り
 
本商品は、ウォルト・ディスニー・ジャパン株式会社と株式会社レイアップの契約により、製造したものです。
発売元:株式会社アイアップ / 販売元:リズムフォース


区切り線

【作品紹介】
スター・ウォーズ浮世絵 「星間大戦絵巻」シリーズ、3作品を絵師の石川氏のコメントと合わせてご紹介致します。

「星間大戦絵巻 暗黒卿 堕悪巣俾荼」
星間大戦絵巻 暗黒卿 堕悪巣俾荼
スター・ウォーズのメインキャラクター、ダース・ベイダーの大首絵(半身像)。
背景には満月のようにデススターを配置し、怨念の炎の中に佇むダース・ベイダーを描きました。
当て字の堕悪巣俾荼(ダース・ベイダー)は「悪の巣に堕ちた苦しむしもべ」という意味です。


「星間大戦絵巻 惑星補巣の戦い」
星間大戦絵巻 惑星補巣の戦い
エピソード5の序盤で繰り広げられるホスでの戦闘をイメージして制作。 実際のシーンでは明るい天候ですが、広重の風景絵のような雪の景色を意識しているのであえて暗めの背景で描きました。


「星間大戦絵巻 阿弥陀羅姫 R弐D弐」
星間大戦絵巻 阿弥陀羅姫 R弐D弐
アミダラを全身像の美人絵として制作。 足下にR2-D2、左上のコマ絵にはアミダラが慕うアナキン・スカイウォーカーを描きました。




区切り線

職人の紹介


【絵師:石川真澄】
【絵師:石川真澄】
1978年東京都葛飾生まれ。
2000年六代目歌川豊国に師事。
六代目歌川豊国が他界後、独学で浮世絵を学び、その後、個展、グループ展を中心に活動。
2007年写楽を題材にした映画「宮城野」のための浮世絵制作を担当。
2010年日本橋地域ルネッサンス100年計画の一環として「日本橋かるた」を制作。
2011年「サロン・デュ・ショコラ2011」限定BOXのパッケージデザインを手掛ける。
2013年、日本橋三越「ジャパン・センスィズ」の夏・秋用デザインを担当する。
2014年5月 新宿B GALLERY(BEAMS JAPAN内)にて、個展「深世界奇譚」を開催。
2015年2月 世界的ロックバンドKISSとのコラボプロジェクトで、自身初となる江戸伝統木版画による作品を発表。
【絵師:石川真澄】
     
     
渡辺 和夫   関岡 裕介
【彫師:渡辺 和夫】   【彫師:関岡 裕介】
     
     
吉田 秀男   鉄井裕和
【摺師:吉田 秀男】   【摺師:鉄井裕和】
     
     
この木版画の彫摺は江戸伝承の古法による純手彫り純手摺りであり、それぞれの技術者は文化財保護第八十三条によって認定された浮世絵木版画彫摺技術保存協会に所属しています。
また、この彫師・摺師の木版画制作技術は文化庁保護法に基づき国指定の文化財「重要民族文化財選定保存技術」に選定されています。


●彫りの作業
版画のメインになる墨の輪郭線を彫る主版と色の数だけの色板を彫ります。
【彫りの様子】
【彫りの様子】
【彫りの様子】
【彫りの様子】



●摺りの作業
主版の輪郭線を摺り、色板で色を入れていきます。一つの作品に対して何十回もの摺りの作業が続きます。

【摺りの様子】
【摺りの様子】
【摺りの様子】
【摺りの様子】


●越前和紙
浮世絵版画に使う紙は江戸時代から変わらず福井県の越前和紙、その中でも、何十回もの摺りに耐えきり、さらに細かな線や色再現できる生漉奉書と呼ばれる和紙を使用します。 越前和紙は文化庁の重要無形文化財にも指定されており、あのゴッホも愛用していたと言われています。職人が想像を絶するほどのいくつもの手作業の行程わ経て、出来上がる貴重な和紙です。
【和紙について】


区切り線

●タトウ(畳箱) 浮世絵を紙のマットで挟み、更に星間大戦絵巻とスターウォーズのロゴが箔押しされたタトウと呼ばれる入れ物に入って納品させて頂きます。


【畳箱イメージ】
畳箱イメージ