Home >喜多川  歌麿


喜多川  歌麿

喜多川歌麿(きたがわうたまろ)
1753〜1806
清長に少し遅れて世に出た人物。彼の特色は春信のような場面や情景の文学的な雰囲気を描くのでもなく、清長のように女性の着物姿や、立ち姿の美しさを描くことでもなかった。歌麿は女性の顔を画面いっぱいに大写しにして、肌の白さや目鼻立ちの美しさを描き出した。そして女性の肉体の中に女の生命の美を求め、その肉感美を表現することを制作の目的としていたようである。そこで当時の評判娘、高島屋お久や、難波屋おきたを描いても、顔を実物に似せることよりも、彼女等を通して自分の理想とする女性を描き出している。そして最後には女性の顔の線を色なしのいわゆるカラ摺で表し、周囲の色丈で浮き上がらせる新しい技法『無線摺』も発案した。また、絵のバックに白、鼠、黄、紅等のキラア(雲母粉)を用いて摺り込み、立派な効果を挙げたのも彼の発案であった。

喜多川  歌麿